海外ニュース

海外の環境保全に関する最新動向として、国際機関や諸外国の行政・研究機関等のニュースを紹介しています。

海外ニュースを探す

絞り込みオプション ▼

612件 1/62ページ

2024.01.25

ヨーロッパの大規模産業による大気汚染は、環境、気候、および健康に深刻な被害をもたらしている。 欧州環境庁(EEA)による2024年版ブリーフィング「欧州における産業大気汚染に起因する健康と環境コスト」では、欧州...

2023.04.24

欧州環境機関(EEA)の報告によると、大気汚染は、欧州の18歳未満の子供や若者に年間1,200人以上の早死を引き起こしていると推定され、将来の疾病リスクを大幅に高めている。この数十年で主要な大気汚染物質の排出量は...

2023.03.02

アメリカ環境保護庁(EPA)は、ハイドロフルオロカーボン(HFC)の使用を削減するという国内および国際的な目標を支援する、いくつかの執行措置を発表した。同措置には、HFCの輸入に関する規制も含まれる。HFCは一般的に...

2023.02.23

アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、米国西部やオーストラリアで発生したような大規模な山火事が、成層圏や気候に長期にわたって大きな影響を与えるとの研究結果を発表した。山火事の高熱が巨大な雷雨を引き起こし、地表...

2023.01.09

世界気象機関(WMO)は、オゾン層が40年以内に回復する見込みであり、世界でのオゾン破壊物質の段階的削減は、気候変動の緩和に寄与しているとの調査結果を報告した。オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議...

2022.11.10

欧州委員会(EC)は、欧州グリーン・ディールの温室効果ガス排出ゼロの目標を達成するために、欧州連合(EU)域内で販売される新車による大気汚染を削減する一方で、自動車の価格を維持し、欧州の競争力を促進する規...

2022.10.26

欧州委員会(EC)は、大気、地表・地下水汚染物質、都市廃水処理に関する規則の強化を提案した。きれいな空気と水は、人々や生態系の健康にとって不可欠であり、大気汚染だけでも毎年30万人近くの欧州人が早期死亡し...

2022.10.26

世界気象機関(WMO)は「WMO温室効果ガス年報」を発表し、3つの主要な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)、メタン、亜酸化窒素の大気中濃度が2021年、すべて過去最高を記録したと報告した。2021年のメタン濃度は約40年前...

2022.10.25

ドイツ連邦環境庁(UBA)は、森林、ヒース、地表水などの生態系はこれまで考えられていたよりも大気中の窒素汚染に敏感であるという、同庁が主催する組織が作成した報告書を発表した。この報告書は、欧州の窒素と生態...

612件 1/62ページ