環境省、家庭における節電・CO2削減行動に関する調査(夏季調査)の結果を公表

発表日:2013.05.02

環境省は、家庭における節電・CO2削減行動に関する調査(夏季調査)の結果を公表した。東日本大震災以降、厳しい電力需給やそれを踏まえた節電目標の設定などもあり、多くの家庭において節電・CO2削減行動が取り組まれた。同省では、家庭における節電・CO2削減行動の普及促進を図るため、主に2012年夏季に取り組まれたこうした行動について、インターネットによるアンケート調査を行った。調査結果から、2012年夏期も2011年夏期と変わらず約3割の世帯が節電を強く意識していたことや、2012年夏期の家庭の電力消費量は2011年夏期と比べて2.7%削減(家庭一世帯当たりのCO2排出量の約1%分の削減に相当)されたことなどが分かった。また、エアコン関連対策の取組は、約2割の世帯が省エネ・節電のために扇風機を購入した一方で、約半数の世帯が冷房の快適性を抑えていた。同省では今後も、家庭における節電・CO2削減行動の普及促進を図っていくという。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー | CO2 | 環境省 | エアコン | アンケート | 家庭 | 電力供給 | 節電 | 東日本大震災 | 夏季
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS