環境省、夢洲天然ガス発電所建設事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.02.28

環境省は、夢洲(ゆめしま)天然ガス発電所建設事業に係る計画段階環境配慮書について、平成26年2月28日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同配慮書は、(株)エコ・サポートが、大阪市夢洲の埋立地に、天然ガス火力発電所(最大1,000万kW)を新設する事業に対して提出されたものであるが、現段階において、通常、法対象規模の火力発電所事業では行われている地権者等との調整が未了であり、設備の諸元等も示されていない。また、配慮書では、事業の実施に伴って生じる環境影響の有無や内容についての最低限の検討内容を具備しておらず、内容的に不十分なため、環境大臣意見では、以下の事項を求めている。1)計画段階の配慮事項を記載した書面として取り扱うことに問題があることを指摘、2)重大な環境影響が懸念される事項について再度検討すること、3)関係自治体や住民の関与に十全を期すこと。今後、経済産業大臣から事業者に対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられることとなる。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 天然ガス | 環境影響評価 | 火力発電所 | 大阪市 | 環境大臣意見 | 環境配慮書 | 夢洲 | エコ・サポート
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS