環境省、清水天然ガス発電所(仮称)建設計画に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2015.04.10

環境省は、清水天然ガス発電所(仮称)建設計画に係る計画段階環境配慮書について、平成27年4月10日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、東燃ゼネラル石油(株)が静岡県静岡市に所有する清水油槽所内において、天然ガスを燃料とするコンバインドサイクル発電方式(総出力最大200万kW)の火力発電所を新設するもの。今回の環境大臣意見では、事業者に対して、「利用可能な最良の技術(BAT)の参考表」(B)の発電技術も採用の可能性を検討すること、最新鋭の天然ガス発電設備の稼働による二酸化炭素排出削減に取り組むこと、関係自治体の意見等を十分勘案すること等を求めている。また、経済産業省に対しては、枠組の構築に向けて、電力業界に取組を促すとともに、同事業者にも枠組構築に向けて取り組むよう促すこと、経済産業省自ら、枠組構築に向けた検討の進捗を把握し、内容を確認し、実効性ある取組を確保すること。あわせて、環境負荷の低減に向けて、最新鋭の発電設備の活用を促すよう求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
大気環境
環境総合
キーワード コンバインドサイクル発電 | 環境省 | 経済産業省 | CO2排出量 | 天然ガス | 環境影響評価 | 火力発電所 | 静岡県 | 環境大臣意見 | 環境配慮書
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS