三重県、リサイクル製品利用推進条例に基づくリサイクル製品を認定

発表日:2014.07.18

三重県は、三重県リサイクル製品利用推進条例に基づき、平成26年7月16日付でリサイクル製品を認定した。同県では、リサイクル産業の育成を図り、資源が無駄なく繰り返し利用され、環境への負荷が少ない循環型社会の構築に寄与することを目的に、三重県リサイクル製品利用推進条例に基づきリサイクル製品の利用を推進している。今回、松阪興産(株)の溶融スラグを利用したプレキャスト鉄筋・無筋コンクリート製品3製品、諸岡建設(株)のカワラ・陶磁器くず等を利用した路盤材1製品、の合計4製品を新たに認定した。また、認定の有効期間(5年間)の終了に伴う再申請のあった、(株)大栄工業の焼却処分場での焙焼炉灰を利用した埋戻し材・路盤材2製品を再度認定した。これにより、平成26年7月16日現在での認定リサイクル製品は、82製品となった。

新着情報メール配信サービス
RSS