三重県、リサイクル製品利用推進条例に基づくリサイクル製品を認定

発表日:2012.12.28

三重県は、三重県リサイクル製品利用推進条例に基づき、平成24年12月28日付でリサイクル製品を認定した。同県では、リサイクル産業の育成を図り、資源が無駄なく繰り返し利用され、環境への負荷が少ない循環型社会の構築に寄与することを目的に、三重県リサイクル製品利用推進条例に基づきリサイクル製品の利用を推進している。今回、新たに以下の4社5製品を認定した。1)センシン(株)の溶融スラグを利用した法面等の保護ブロック、2)松阪興産(株)の陶磁器くずを利用した道路用側溝等、3)(株)アイテクノスのリサイクル砂を利用した道路用側溝・法面等の保護ブロック、4)栗原製網株(株)の使用済みペットボトルを利用したる防球・スポーツネット。これにより、平成24年12月28日現在での認定リサイクル製品は、92製品となった。同県では、今後も、安全・安心なリサイクル製品が普及するよう努めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS