長野県、御嶽山噴火に伴う大気汚染の状況を公表

発表日:2014.09.27

長野県は、平成26年9月27日に御嶽山が噴火したことに伴う大気汚染の状況を公表した。噴火に伴う大気汚染物質には、目・粘膜への刺激を伴う二酸化硫黄(SO2)、呼吸器系への影響がある浮遊粒子状物質(SPM)がある。長野県内における噴火に伴う大気汚染物質(SO2、SPM)の測定値は、噴火前後の濃度に大きな変化はなく、それぞれ基準値の1/10以下であり、健康影響は直ちに無いものと考えられるという。火山灰の降灰が予想される地域では、不要な外出を避け、外出時はマスクやゴーグル・メガネを着用するなどの対応を呼びかけている。

新着情報メール配信サービス
RSS