NEDO、山形県酒田港で波力発電の実証試験を開始

発表日:2015.04.17

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、海洋エネルギー技術研究開発プロジェクトの一環として、空気タービン式波力発電システムを開発し、山形県酒田港の護岸で実証試験を開始したと発表した。海洋エネルギー(海洋温度差、波力、潮力、海流等)発電技術は、欧米を中心として活発な技術開発が行われている。そのうち、波力発電は、事業採算性を有した事業として自立するに至っておらず、発電効率及び設備の耐久性の、より一層の向上、監視システム及び制御システムの高度化などが必要な状況である。今回実証試験を開始するシステムは、振動水柱型空気タービン方式の発電装置で、波の振動を空気の流れに変換(一次変換)した後、空気の流れによってタービンを回転することで発電(二次変換)する。実証試験では、最大15kW級の規模で半年程度の実証試験を予定している。NEDOでは、波力発電システムの実現につなげると共に、既存の防波堤などに後付けが可能なシステムとして建造・設置コストの低減化を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS