環境省、「環境アセスメント環境基礎情報データベースシステム」をリニューアル

発表日:2016.05.19

環境省は、「環境アセスメント環境基礎情報データベースシステム」を、平成28年5月29日にリニューアルしたと発表した。同システムは、風力発電等の再生可能エネルギーの導入拡大と、質が高く効率的な環境アセスメントの実施を促進することを目的として、環境影響評価に関係する業者・地方公共団体・NPO・地域住民等が活用できる環境基礎情報を収録したもの。今回のリニューアルでは、新たに風力発電所・地熱発電所(計画中の発電所を含む)の位置情報を収録するなど、提供する情報を拡充するとともに、地理情報システム(GIS)で提供する情報を再構築し、情報の閲覧・検索等の利便性の向上を図った。また、平成27年度に実施した「情報整備モデル地区における環境基礎情報の調査」の調査結果を追加して収録し、全国22道府県78地区の報告書が閲覧できるようになったという。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 環境アセスメント環境基礎情報データベース
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 再生可能エネルギー | 環境省 | GIS | データベース | 環境影響評価 | 環境情報 | 動植物 | 環境アセスメント
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS