環境省、「環境報告ガイドライン2018年版」普及セミナーを開催

発表日:2019.02.25

環境省は、平成31年3月25日に「環境報告ガイドライン2018年版」普及セミナーを開催する。同省は、環境情報(事業活動に関わる情報のうち環境の視点で抽出された情報)の開示などに関して、事業者が環境配慮等の状況を定期的に公表する「環境報告書」の作成・活用を推進している。同ガイドラインは、近年のパリ協定やESG投資に関する動向等を踏まえて前ガイドライン(2012年版)を改定したもので、平成30年6月下旬に同省ホームページで公表されている。2019年度以降の環境情報開示における活用など、同ガイドラインの一層の普及を図るために、メイン会場(東京都港区内)およびサテライト会場(名古屋市東区内)の2会場で、1)「環境報告等ガイドライン改定に関する検討会」および「環境報告ガイドライン2018年版解説書等作成に向けた検討会」の座長を務めた学識経験者の解説や、2)来場者との質疑応答などを行うという(東京会場:50名、名古屋会場:60名)。

新着情報メール配信サービス
RSS