群馬県、令和元年版環境白書を作成

発表日:2019.09.18

群馬県は、平成30年版環境白書を作成したと公表した。同書は、現行の「群馬県環境基本条例」に基づき、環境の状況及び県が良好な環境の保全・創造に関して講じた施策について報告するため、昭和47年度から作成しているもの。今回は48冊目となり、第1部の環境トピックスでは、内外における環境を巡る状況、特集記事1ごみ減量化に向けた取組、特集記事2外来生物(外来種)、特集記事3新たな森林管理の仕組み、について紹介している。また、第2部「ぐんまの環境」には平成30年度に取り組んだ事業と県の環境の現状を表す各種データ、第3部には令和元年度に講じようとする環境行政に係る施策の概要、第4部には「群馬県環境基本計画2016-2019」の進捗点検調査結果を掲載している。同県では、県議会、市町村、学校(中学校、高校、大学)、図書館等に無償配布するほか、全内容を県ホームページに掲載するという。

新着情報メール配信サービス
RSS