環境省、国立公園多言語解説等整備事業(令和2年度)に係る間接補助事業の公募情報を紹介

発表日:2020.05.11

環境省は、令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(国立公園多言語解説等整備事業)に係る補助事業者の公募を開始すると発表した(公募期間:令和2年5月11日~6月5日)。同省では、令和2年度の国際観光旅客税を財源とした国立公園等資源整備事業費補助金を活用し、国立公園の自然資源等に関する先進的で高次元な多言語解説整備を行い、外国人訪問者の地域における体験滞在の満足度を向上させる取組に対して支援を行う事業を実施している。今回、当該補助金の交付の決定を受けて事業を実施する者(間接補助金の執行団体)として同省が選定した(一財)環境イノベーション情報機構が、間接補助事業の公募を開始する。応募の詳細は、同機構のホームページで確認できる。

情報源 環境省 報道発表資料
(一財)環境イノベーション情報機構 お知らせ
機関 環境省 (一財)環境イノベーション情報機構
分野 自然環境
キーワード 環境省 | 国立公園 | 自然資源 | 環境イノベーション情報機構 | 国立公園等資源整備事業 | 国際観光旅客税 | 外国人訪問者 | 体験滞在 | 国立公園多言語解説等整備事業 | 多言語解説整備
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS