環境省、廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業(電線、変圧器等廃棄物発電に係る事業・令和2年度)の二次公募を開始

発表日:2020.07.13

環境省は、令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業(電線、変圧器等廃棄物発電に係る事業))の二次公募を開始すると発表した(公募期間:令和2年7月13日~7月31日)。同省では、廃棄物処理施設への高効率な廃熱利用と大幅な省エネが可能な設備の導入により得られるエネルギーを有効活用することで、当該施設を中心とした自立・分散型の地域エネルギーセンターの整備を進めることによる低炭素化の取組に対して支援を実施している。同事業は、電線、変圧器等廃棄物発電により生じた電力を利活用するための設備及びこれらの設備を運転制御するために必要な通信・制御設備等を導入するもの。補助対象者は地方公共団体、民間企業等その他の団体で、補助率は対象経費の1/2(ただし、EV収集車はディーゼル収集車等の価格との差額の2/3)となっている。応募の詳細は、同事業の執行団体である(一社)廃棄物処理施設技術管理協会のホームページで閲覧できる。

情報源 環境省 報道発表資料
(一社)廃棄物処理施設技術管理協会 補助金交付事業
機関 環境省 (一社)廃棄物処理施設技術管理協会
分野 ごみ・リサイクル
キーワード 廃棄物発電 | 環境省 | 脱炭素化 | 二酸化炭素排出抑制対策事業 | 廃棄物処理施設 | 地域エネルギーセンター | 廃棄物処理施設技術管理協会 | 廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業 | レジリエンス強化 | 通信・制御設備
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS