環境省、(仮称)常呂・能取風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2020.07.17

環境省は、(仮称)常呂・能取風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、令和2年7月17日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)ユーラスエナジーホールディングスが、北海道北見市及び網走市において、最大で総出力49,400kWの風力発電所を設置するもの。今回の環境大臣意見では、1)風力発電設備及び付帯設備の工事を実施する際には、専門家等の助言を踏まえ、工事時期の調整等の環境保全措置を実施すること、2)バードストライクの有無や渡り鳥の移動経路に係る事後調査を適切に実施し、重大な影響が認められた場合は、専門家等からの助言を踏まえて、稼働調整等の追加的な環境保全措置を講ずること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 北海道 | 風力発電所 | 環境大臣意見 | ユーラスエナジーホールディングス | 経済産業大臣 | 環境影響評価準備書 | 常呂・能取風力発電事業 | 北見市 | 網走市
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS