環境省、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業(令和2年度)の採択結果を公表

発表日:2020.08.25

環境省は、令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業の採択結果を公表した。同事業は、地方公共団体を対象に、各地で自治体や企業、さらには住民が一体となって、経済合理性、持続可能性を有する地域循環型の取組を底上げし、推進していくための効果的な支援策を強化し、第五次環境基本計画(平成30年4月17日閣議決定)に謳われた地域循環共生圏の構築に資する、野心的な脱炭素社会の実現を目指す計画に必要な実現可能性調査や地域関係者との合意形成等のための協議会の開催等を行う事業に対して、必要な経費の一部を補助するもの。執行団体の(一社)地域循環共生社会連携協会による公募を行ったところ、75件(新規:74件、継続:1件)の応募があり、審査委員会の評価に基づき、予算の範囲内で52件(新規:51件、継続:1件)を採択したという。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 地方公共団体 | 地域循環型 | 地域循環共生圏 | 第五次環境基本計画 | 脱炭素社会 | 脱炭素イノベーション | 地域循環共生圏構築事業 | 地域循環共生社会連携協会 | 脱炭素型地域づくりモデル形成事業
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS