環境省、栃木県のA型鳥インフルエンザ簡易検査陽性を発表

発表日:2021.02.15

環境省は、栃木県の死亡野鳥におけるA型鳥インフルエンザ簡易検査陽性を発表した。これは、令和3年2月15日に栃木県栃木市から回収されたハヤブサ1羽の死亡個体を、同日、簡易検査を実施したところ、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を確認したことを受けたもの。同省では、「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」に基づき、採取地点の周辺10km圏内を野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化した。今後、農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門において、高病原性鳥インフルエンザウイルスの確定検査を実施するが、検査結果判明まで1週間程度かかる見込み。同省では、栃木県、群馬県、茨城県及び埼玉県と調整の上、引き続き、野鳥監視重点区域内における野鳥の監視を強化したという。

新着情報メール配信サービス
RSS