国内ニュース


 つくば市と建築研究所、環境保全などを目的に基本協定を締結

発表日:2021.10.11


  つくば市と(国研)建築研究所は、環境保全などを目的とした基本協定を令和3年10月8日に締結したと発表した。同研究所は、昭和17年に大蔵省大臣官房営繕課に設置された建築研究室をルーツとし、昭和54年度より同市において調査研究など業務を開始している。研究開発の成果は、国が実施する関連行政施策の立案や技術基準の策定等に反映され、それらが民間の技術開発や設計・施工の現場で活用されることにより、健康で快適な居住空間の実現、省エネルギーを代表とした持続可能性の確保など、我が国の住宅・建築・都市の質の確保・向上に貢献している。今回の協定により、互いの活動に関し相互協力を図ることにより市民の安全・安心を確保し、市民の良好な生活環境が確保された地域社会の持続的な発展に資する。具体的には、1)環境保全及び防災に関すること、2)互いの情報・資源・研究成果等の活用に関すること、3)市民の安全・安心に係る情報の共有に関すること、4)学術研究及び科学技術の振興に関することなどをで協力するという。

情報源 つくば市 報道発表資料
機関 つくば市 (国研)建築研究所
分野 環境総合
キーワード 省エネルギー | 科学技術 | 環境保全 | 建築研究所 | つくば市 | 防災 | 学術研究 | 学校教育 | 社会教育
関連ニュース

関連する環境技術