環境省と国土交通省、「排出ガス後処理装置検討会」報告書を公表

発表日:2014.03.28

環境省と国土交通省は、「排出ガス後処理装置検討会」報告書をとりまとめたと発表した。平成17年規制に適合したディーゼル重量車のうち、排出ガス後処理装置として尿素SCRシステム(尿素水を利用して、排出ガス中のNOxの量を低減させる装置)を搭載したものについて、環境省の調査により、使用過程で同システムの性能が低下してNOxの排出量が増加する事例が確認された。これを受け、同検討会を設置し、原因の究明及び対策の検討を進めてきた。今回の報告書では、中間報告で自動車メーカーによる尿素SCRシステムの定期的な昇温を行うよう求めたことから、この昇温作業の実施状況と効果を評価の上、関係メーカーに引き続き実施を求めることとした。また、尿素SCRシステムを構成する前段酸化触媒の劣化のメカニズムを検討した。さらに、現行の平成21年規制(ポスト新長期規制)適合車について調査したところ、一部の車種でNOxの排出量に若干の増加が見られたものの、排出ガス後処理装置の性能は使用過程でも概ね適切に維持されていると判断したという。

新着情報メール配信サービス
RSS