環境省と国土交通省、「排出ガス後処理装置検討会」を設置

発表日:2012.09.25

環境省と国土交通省は、「排出ガス後処理装置検討会」を設置すると発表した。現在、ディーゼル重量車の排出ガス規制は、平成21年規制が適用されており、世界で最高水準の規制が導入されている。平成21年規制以前に適用されていた平成17年規制に適合した車両のうち、尿素SCRシステム(尿素水を利用して、排出ガス中のNOxの量を低減させる装置)を搭載した使用過程車について、環境省の調査結果から同システムの性能劣化によりNOxの値が規制値を大幅に超過する事案が確認されたことから、同検討会が設置される。今後、原因究明等を行い、課題ごとに可能な限り早期に対策を決定し、平成25年度内に最終とりまとめを行うという。なお、第1回の検討会は平成24年10月1日に開催されるが、自動車メーカーの機密保持等の観点から非公開となる。

新着情報メール配信サービス
RSS