環境省と国交省、ディーゼル車の排出ガスサンプリング調査を実施へ

発表日:2015.12.22

環境省と国土交通省は、車載式排出ガス測定システム(PEMS)を用いた路上走行等における排出ガスサンプリング調査の対象車種を公表した。両省では、フォルクスワーゲン社の排出ガス不正事案を受け、国内で販売されているディーゼル乗用車等について、同様の不正の有無を確認するため、PEMSを搭載した路上走行試験及び台上試験により、排出ガスの検証を行うこととしている。今回、平成27年度に排出ガスサンプリング調査を行う対象車種として、8車種を選定した。メーカーごとの内訳は、1)マツダ:2車種、2)日産:1車種、3)三菱:1車種、4)トヨタ:2車種、5)BMW:1車種、6)メルセデスベンツ:1車種、である。今年度中に調査・検証を行い、その結果を、「排出ガス不正事案を受けたディーゼル乗用車等検査方法見直し検討会」で評価するとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS