環境省と国土交通省、「排出ガス後処理装置検討会」中間報告を公表

発表日:2013.03.14

環境省と国土交通省は、「排出ガス後処理装置検討会」中間報告を公表した。現在、ディーゼル重量車には平成21年規制が適用されているが、平成17年規制に適合した車両のうち、尿素SCRシステム(尿素水を利用して、排出ガス中のNOxの量を低減させる装置)を搭載した使用過程車について、環境省の調査結果から同システムの性能劣化によりNOxの値が規制値を大幅に超過する事案が確認された。これを受け、同検討会を設置し、原因の究明及び対策の検討を進めてきた。今回の中間報告では、性能低下の原因の一つは、尿素SCRシステムを構成する触媒に、未燃HC(炭化水素)が付着する「HC被毒」と特定。また、対策として、同システムを400~500℃、40分間程度、昇温することが有効であり、車両の使用に伴い再びHC被毒が進行するため、継続検査の機会等を利用し、定期的に昇温することが望ましいとしている。今後、平成25年度末までに最終とりまとめを行う予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS