環境省、埼玉県狭山市におけるヒアリ確認情報を公表

発表日:2017.08.17

環境省は、埼玉県狭山市において特定外来生物のヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されたことを公表した。中国・黄埔港から貨物船で搬送され、平成29年7月11日に東京港青海ふ頭で陸揚げされた後、事業者敷地へ搬送・荷降ろしされた積荷の梱包材上で発見されたアリの死骸(1個体)が同年8月16日にヒアリの女王アリと同定された。同省では、1)積荷及びコンテナは、トレーラーに載せたコンテナからフォークリフトで倉庫に直接搬入され、事業者敷地では野外に置かれていないこと、2)荷降ろし後のコンテナ内ではアリは確認されていないこと、3)事業者敷地内では、事業者が殺虫餌(ベイト剤)を設置していること、4)埼玉県及び狭山市がアリ発見後に行った周辺調査で、ヒアリであると疑わしいアリは確認されていないことから、ヒアリが当該地域周辺に定着し繁殖している可能性は低いと見ている。

新着情報メール配信サービス
RSS