環境省、茨城県常陸太田市におけるヒアリ確認情報の一部を訂正

発表日:2017.07.21

環境省は、茨城県常陸太田市におけるヒアリ確認情報の一部を訂正した。平成29年7月12日に東京港(東京都江東区:青海ふ頭)から同市に搬送されたコンテナ(2個)の内部でアリの死亡個体と生存個体(後刻、移送中に死亡)が発見され、そのうち1個体が、同月16日に専門機関によりヒアリ(Solenopsis invicta)と同定された。しかし、当初の個体はサンプルとしての状態が悪く、ヒアリの部分的な特徴による評価であったことや、別の1個体はアカカミアリ(Solenopsis geminata)であることが確認されたことから、同省では16日の発表を訂正し、訂正内容を茨城県や常陸太田市に連絡した。また、青海ふ頭の管理者である東京都と連携協力して、関係者への周知等を実施しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS