ドイツ、「野外の学校」で生物多様性への関心を高めるプロジェクトを助成

発表日:2014.02.13

ドイツ連邦環境省は、自然の中での授業を学校プログラムに取り入れ、生物多様性や自然保護への関心を高めるプロジェクトの実施を公表した。プロジェクトは3年をかけて実施し、所轄官庁は連邦自然保護庁、連邦環境省は75万ユーロを拠出する。プロジェクトの実施はドイツハイキング協会とマインツ大学が担う。プロジェクトでは全国から小学校3校を実施校として選び、1週間のうち一日を野外で過ごし生物多様性を探索するなど、「野外学校」のコンセプトを実証する。また実証プロセスを通じて、ドイツ国内の他の学校でも使用可能な教材や施策を開発していく。スカンジナビア諸国では既に数年前から野外学校のコンセプト導入が成功しており、ヘンドリックス連邦環境大臣は、「野外学校は、子供にも生物多様性にも有益である。子供の時から自然の多様性を意識的に経験することにより、自然に敬意をもって接することができる」と述べた。またプロジェクトと並行して、ドイツハイキング協会は、教材や賞品を用意し「生物多様性学校ハイキングデー」を実施する。

新着情報メール配信サービス
RSS