国際再生可能エネルギー機関、2018年に再エネ発電容量は全電力の3分の1に成長と報告

発表日:2019.04.03

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、「2019年再生可能エネルギー発電容量統計」で、世界の再生可能エネルギー(再エネ)発電容量は2018年に171ギガワット(GW)増加し、全発電容量の3分の1に成長したと報告した。同統計によると、特に風力と太陽光の増設が著しく、容量増加分の84%を占めた。風力発電容量は49GW増加し、中国(20GW)とアメリカ(7GW)が牽引した。太陽光発電容量は94GW増加し、特にアジア諸国(64GW)、次いでアメリカ(8.4GW)、オーストラリア(3.8GW)、ドイツ(3.6GW)で増加が目立った。地域別では、再エネ発電容量の増加率が最も高かったのはオセアニア(17.7%増)で、アジア(11.4%)、アフリカ(8.4%)が続いた。再エネ以外の発電容量(主に化石燃料と原子力)は、2000年以降、世界全体では毎年約115GW拡大しており増加率はほぼ一定だが、地域別にみると、2010年以降、欧州、北米、オセアニアで減少し、アジア、中東で増加している。

情報源 国連気候変動枠組条約(UNFCCC) ニュース記事
国際再生可能エネルギー機関(IRENA) プレスリリース
国・地域 国際機関
機関 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)
分野 環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 太陽光 | 国際再生可能エネルギー機関 | 発電容量 | 風力 | 再生可能エネルギー発電容量統計 | 再エネ発電容量
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS