アメリカ環境保護庁、石炭くず火力発電所の基準に是正措置を実施

発表日:2020.04.09

アメリカ環境保護庁(EPA)は、ペンシルベニア州とウェストバージニア州において、水銀・有害大気汚染物質基準(MATS)の下で、6つの小規模石炭くず火力発電所のための新たなカテゴリーの排出基準を設定した。これらの発電所はこの地域で信頼できる重要なエネルギー供給源であり、立地している地方社会の重要な経済推進力であり、廃棄物を使用可能な電力にすると同時に、長年の環境上の脅威を浄化する方法となる。この地域の石炭くずは石炭産業における過去の負の遺産であり、過去数十年の時代遅れの採掘方法によって低品質の石炭が石、粘土、その他の材料と混ざって、炭鉱の近くで事実上放置されて問題となっていた。今回の新たな排出基準の設定により、これらを利用可能な資源として再生することができるようになり、環境を再生する取り組みとなる。

新着情報メール配信サービス
RSS