国連環境計画、西インド洋におけるマングローブの再生支援のためのガイドラインを策定

発表日:2020.07.24

国連環境計画(UNEP)によると、マングローブ林は気候変動に対する自然を利用した最も強力な解決策の一つであるが、現在までに67%のマングローブが失われたり劣化したりしており、さらに毎年1%が失われつつある。マングローブがなければ、洪水被害を受ける人数は年間で39%増加し、被害額は16%以上増加する可能性がある。各国政府はマングローブの重要性を認識してはいるが、成功した修復例は限られている。UNEP等の協力の下、ナイロビ条約の加盟国によって作成された「西インド洋地域のマングローブ生態系修復に関するガイドライン」は、過去の修復プロジェクトが失敗した教訓と成功例などを分析し解決策を提示している。マングローブは、単位面積当たりの二酸化炭素の吸収・貯留率が陸生林よりも著しく高いため、マングローブの回復はパリ協定の下での「国が決定する貢献(NDCs)」に組み込むことができ、二酸化炭素の放出と相殺することができる。

情報源 国連環境計画(UNEP)プレスリリース
「西インド洋地域のマングローブ生態系修復に関するガイドライン」(PDF)
国・地域 国際機関
機関 国連環境計画(UNEP)
分野 自然環境
環境総合
キーワード 二酸化炭素 | 気候変動 | 国連環境計画 | マングローブ | パリ協定 | マングローブ林 | 国が決定する貢献 | 洪水被害 | ナイロビ条約 | 西インド洋地域のマングローブ生態系修復に関するガイドライン
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS