ドイツ連邦環境庁、ドイツの非リサイクル廃棄物が35年間でほぼ半減したと報告

発表日:2020.07.28

ドイツ連邦環境庁(UBA)によると、リサイクルに回されずに捨てられた廃棄物は、2018年は住民1人当たり128キログラムであり、1985年の239キログラムと比べると約46%減少した。1985年に行われた前回の調査以降、ガラス、紙、プラスチックなど、より多くのリサイクル可能な材料が個別に回収されるようになり、これらの廃棄物の量は最大で80%削減されたが、まだリサイクル可能な材料がゴミ箱に捨てられている。このうち、最も大きな割合を占めるのは堆肥やバイオガスの生成に利用できるバイオ廃棄物(生ゴミ、庭木の葉や草、小動物の糞など)で約39%を占め、年間では約300万トンの量になる。古紙、ガラス、プラスチック、使用済み繊維、木材、使用済み電気製品などリサイクル可能な物は約27%で、リサイクルできずに廃棄せざるを得ないのは32%しかない。使用済み電池や溶剤など個別に回収することが義務付けられている有害廃棄物も約0.5%含まれていた。

新着情報メール配信サービス
RSS