欧州環境庁、ヨーロッパの汚染ゼロに向けた報告書を公開

発表日:2020.10.15

欧州環境庁(EEA)は、欧州グリーンディールの一環として、欧州委員会が欧州の汚染ゼロに向けた行動を打ち出したのに合わせて、「EEA Signals 2020 - Towards zero pollution in Europe」報告書を公開した。同報告書は、同庁が過去に発表した情報やデータを基に、大気汚染、水質汚染、土壌汚染の概要や、他の話題を紹介しており、さまざまな種類の汚染とその発生源に注目している。また、化学物質や環境騒音が人々の健康にどのような影響を与えているかも紹介している。欧州委員会は2020年10月初めに、EUの行動計画「大気・水・土壌の汚染ゼロの野望に向けて-健康な人々のための健康な惑星の構築」に関するロードマップを発表し、汚染の予防、是正、監視、報告を改善することで、汚染ゼロを達成するためのEUの計画をまとめた。環境と気候に関連する重要な問題を取り上げるEEA Signals報告書は、年1回発行されており、これまでエネルギー(2017年)、水(2018年)、土壌(2019年)問題を取り上げてきた。

新着情報メール配信サービス
RSS