アメリカ環境保護庁、夏の大気環境の改善に向けて火力発電所の規制強化を発表

発表日:2021.03.15

アメリカ環境保護庁(EPA)は、他州の発電所から排出される汚染物質の影響を受ける地域が、オゾンに関する2008年の国家環境大気質基準(NAAQS)を守れるようにするために、「州間大気汚染規制(CSAPR)」の改正版を最終決定した。これにより、2021年夏から米国東部12州の発電所は、風下の地域の大気環境を悪化させる原因となる窒素酸化物(NOx)の排出を、汚染防止装置の設置、設備の改善・近代化によって削減することが求められる。同規制を適用しない場合と比較すると17,000トンのNOx削減が可能と推定される。すでに実施されているその他の対策も加えると、これら12州でのNOx排出量は2019年と比べて約25,000トン(19%)削減されることになる。この排出量削減により、喘息やその他の肺疾患を悪化させたり、早死にしたりする可能性を緩和できるようになるため、公衆衛生と気候への影響に関する改善効果は、2021~2040年までの間、年平均で最大28億ドルに及ぶと推定される。

情報源 アメリカ環境保護庁(EPA)ニュースリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ環境保護庁(EPA)
分野 健康・化学物質
大気環境
キーワード 窒素酸化物 | 大気環境 | オゾン | アメリカ環境保護庁 | 汚染物質 | 肺疾患 | 喘息 | 国家環境大気質基準 | 州間大気汚染規制 | 汚染防止装置
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS