アメリカ環境保護庁、ディーゼル排出削減プログラムのニューイングランドの成果を報告

発表日:2016.04.29

アメリカ環境保護庁(EPA)は、汚染物質を排出する旧式ディーゼルエンジンの改造や交換を促進し、大気質を改善するため2008年からディーゼル排出削減プログラム(DERA)を実施している。このほどマサチューセッツ、コネチカットなどアメリカ北東部6州からなるニューイングランド地方での最新状況を発表した。発表によると、2008年以降に同地方ではトラックやスクールバスを対象に各種DERA助成プロジェクトが実施され、その結果、累積で窒素酸化物(NOx)約2万トン、粒子状物質(PM)は約750トンが削減されたという。最近の例として、2015年にマサチューセッツ州港湾局(MPA)が、ボストン港で貨物の積み下ろしをする移動式橋形クレーン5基のエンジン交換資金として33万3185ドルの交付を受けた。これにより、EPAの最新基準(4F)に適合する新ディーゼルエンジンへの切り替えが可能となり、年間でNOxを7.62トン、PMを0.06トン、CO2を155.4トン削減できる見込みだという。

新着情報メール配信サービス
RSS