海外ニュース


 オーストラリア政府、ディーゼル排気液の供給に投資

発表日:2022.09.15


  オーストラリア気候変動・エネルギー・環境・水資源省(DCCEEW)は、同国政府がディーゼル排気液(DEF)市場の安定を確保するために、4年間で4,950万オーストラリアドルを拠出することを発表した。DEFはテクニカルグレード尿素(TGU)を脱イオン水に混ぜて作られるが、政府が管理する7,500トンのTGU備蓄は、サプライチェーンに重大な障害が発生した場合、業界の在庫レベルを超えて5週間分の供給を可能にする。今回の投資は緊急備蓄の確立、国内製造業者の支援、業界の在庫報告による市場の透明性強化にも充てられる。DEFは多くのディーゼル車、特にトラックの運行に不可欠であり、人々の健康や環境に有害な排ガスを削減する。同国政府は、市場の適切な機能とサプライチェーンの確実な供給を確保するため、DEFの製造業者、輸入業者、卸売業者、小売業者、販売業者と緊密に連携している。現在同国の市場では十分に供給されているが、今回の資金は確実性を高め、供給が途絶えた場合の備えとして提供される。

情報源 オーストラリア気候変動・エネルギー・環境・水資源省(DCCEEW) ニュース
国・地域 その他
機関 オーストラリア気候変動・エネルギー・環境・水資源省(DCCEEW)
分野 環境総合
キーワード ディーゼル車 | トラック | オーストラリア | サプライチェーン | 排ガス | 尿素 | オーストラリア気候変動・エネルギー・環境・水資源省 | ディーゼル排気液 | 脱イオン水 | TGU
関連ニュース

関連する環境技術