政府、7月を熱中症予防強化月間に設定

発表日:2013.06.07

環境省は、平成25年夏季における熱中症に関する取組を公表し、7月を熱中症予防強化月間に設定した。政府における熱中症対策については、関係省庁連絡会議を設置し、熱中症の予防と応急対策に係る知識の普及、熱中症対策関連情報の周知や地域の実情に応じた対策の推進を図ってきた。しかし、平成22年度以降、夏期(7~9月)における熱中症による救急搬送者数は急増し、平成23年度以降は毎年4万人前後で推移するなど、多様な生活環境下において、幅広い年代層で発生している。今回、平成25年6月4日に開催された同会議で、関係省庁における今夏の熱中症対策をとりまとめるとともに、熱中症にかかる方が急増する7月を「熱中症予防強化月間」と定め、予防法や応急処置等に係る普及啓発の取組の効果を高めていくことなった。なお、環境省では、今年度から新たに、予報値・実測値等の個人向けメール配信サービスや、アスファルト上等の実生活の場や身長の低い児童を想定した予測値等(参考値)の提供等を開始している。

新着情報メール配信サービス
RSS