環境省、過去1週間程度の暑さ指数の観測状況、暑さ指数と熱中症患者搬送数との関係を公表

発表日:2013.07.19

環境省は、過去1週間程度の全国の暑さ指数(WBGT)の観測状況及び熱中症による救急搬送者数と暑さ指数との関係について、平成25年7月9日から15日までの状況を発表した。同省では、暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)の予測値・実況値について、平成25年度は、5月13日から情報提供を開始している。今回、全国の熱中症患者数が急増していることから、従来の暑さ指数の情報提供に加え、暑さ指数の推定精度の高い約150地点について、過去1週間程度の暑さ指数の観測状況、暑さ指数と熱中症患者搬送数との関係について、定期的に情報提供を行うこととなった。平成25年7月9日~15日では、暑さ指数31℃以上の時間数が熊谷(埼玉県)と久米島で21時間となった。また、6都市(東京都、大阪市、名古屋市、新潟市、広島市、福岡市)平均の最高WBGTは、熱中症危険度の「厳重注意」を示すWBGT28℃を上回り30℃前後で推移し、熱中症による救急搬送者数は11日に1,946名となるなど連日1,000名を超えたという。

新着情報メール配信サービス
RSS