環境省、平成25年度環境技術実証事業 中小水力発電技術分野における実証試験対象技術を募集

発表日:2013.11.05

環境省は、平成25年度環境技術実証事業 中小水力発電技術分野における実証機関である「一般社団法人小水力開発支援協会」が、実証試験対象技術を募集すると発表した(募集期間:平成25年11月5日~15日17時必着)。環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にある先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、技術の普及を目指すもの。中小水力発電は、今後の導入可能性が大きい再生可能エネルギーである一方、近年発電機等の製造に多種多様な企業等が参入し、その性能について客観的な観点から実証等を行うことが課題となっている。このことから、平成25年度より「中小水力発電技術分野」を対象技術分野として実証を開始する。対象技術としては、おおむね出力100kW未満の、1)開放型水車、2)水力学的分類の水車、3)目的に合致する技術、を想定している。

情報源 環境省 報道発表資料
(一社)小水力開発支援協会 ニュース
機関 環境省 (一社)小水力開発支援協会
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 環境技術実証事業 | 環境省 | 環境技術 | 実証 | 中小水力発電 | 水車 | 小水力開発支援協会
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS