環境省、今ノ山風力発電事業(仮称)に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.04.18

環境省は、高知県で計画されている今ノ山風力発電事業(仮称)に係る計画段階環境配慮書について、平成26年4月18日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、電源開発(株)が、高知県土佐清水市及び三原村において、総出力44,700kWの風力発電設備を設置するもの。同事業の実施想定区域の一部は、鳥獣保護法に基づく鳥獣保護区に指定され、また、特定植物群落に選定されているアカガシを主体とした自然度の高い照葉樹林が存在している。今回の環境大臣意見では、1)鳥類(イヌワシ、サシバ等の猛禽類)に対する重大な環境影響を回避するよう配慮する、2)水生生物への影響について、可能な限り土工量を抑制し、流出等を回避する、3)植生の状況を十分把握し、自然度の高い地点を回避するよう配慮する、4)尾根部の森林伐開を避け、新たに生じる林縁部分が最小限となるようにする、等を求めている。今後、事業者は、経済産業大臣からの意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価を行うこととなる。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 自然環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 生態系 | 環境省 | 電源開発 | 高知県 | 環境影響評価 | 植生 | 鳥類 | 環境大臣意見 | 環境配慮書
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS