環境省、(仮称)大滝風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2016.02.19

環境省は、北海道で計画されている「(仮称)大滝風力発電事業計画段階環境配慮書」について、平成28年2月19日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、インベナジー・ジャパン合同会社が、北海道伊達市、虻田郡留寿都村、洞爺湖町及び有珠郡壮瞥町において、最大で総出力160,000kWの風力発電所を設置するもの。事業実施想定区域の周辺は、支笏洞爺国立公園及び北海道指定鳥獣保護区等の保護地域等が存在している。また、同地域は、植生自然度が高いとされた植生、重要野鳥生息地(IBA)及び水資源保全地域等が重複して存在している。さらに、クマタカ等の希少猛禽類が確認され、ガン・カモ類等の渡り経路や鳥類の重要な生息地となっている可能性がある。今回の環境大臣意見では、事業実施想定区域の中央部について、自然度の高い植生が存在する区域等を調査により明らかにし、生態系への影響について適切に予測及び評価を行い、重大な影響が避けられないと判断された場合には、対象事業実施区域から除外すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 生態系 | 環境省 | 北海道 | 環境影響評価 | 植生 | 鳥類 | 環境大臣意見 | 環境配慮書 | 猛禽類
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS