環境省、土壌汚染対策法施行規則の一部を改正する省令を公布

発表日:2014.08.04

環境省は、「土壌汚染対策法施行規則の一部を改正する省令」が平成26年8月1日に公布・施行されたと発表した。平成25年10月7日、環境大臣から中央環境審議会(中環審)会長に対し、「土壌の汚染に係る環境基準及び土壌汚染対策法に基づく特定有害物質の見直し等について」(1,1-ジクロロエチレン等の6物質が対象)諮問がなされ、平成26年3月20日に1,1-ジクロロエチレンの土壌環境基準を0.02mg/Lから0.1mg/Lに見直す告示改正がなされた。また、土壌汚染対策法に基づく特定有害物質の見直しその他法の運用に関し必要な事項については、平成26年7月28日付けで中環審会長から環境大臣へ第1次答申がなされた。今回の省令改正では、1,1-ジクロロエチレンについて、土壌汚染対策法に基づく土壌溶出量及び地下水基準を0.02mg/Lから0.1mg/Lに、第二溶出量基準を0.2mg/Lから1mg/Lに改正した。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード 環境省 | 地下水 | 省令 | 環境基準 | 土壌汚染対策法 | 施行規則 | 1,1-ジクロロエチレン | 土壌溶出量
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS