環境省、(仮称)由利本荘海岸風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.10.27

環境省は、(仮称)由利本荘海岸風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、平成26年10月27日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、電源開発(株)が秋田県由利本荘市に、総出力16,100kW(2,300kW×最大7基)の風力発電所を新設するもの。事業実施区域内及び周辺には、他事業者の風力発電所が設置・供用されており、累積的な環境影響が懸念されるため、他事業者と環境情報を共有して、地域全体で効果的な環境保全措置を講ずることが重要である。また、事業実施区域周辺の国道沿線には住居、病院施設等が点在することから、騒音に係る影響が懸念される。さらに、ミサゴ等の希少な猛禽類及びハマボウフウ等の重要な植物が生息・生育していることから、動植物に係る影響も懸念される。今回の環境大臣意見では、1)騒音の調査、予測・評価を再実施し、周辺事業者間の連携による地域全体での効果的な環境保全措置、2)ミサゴの事後調査による追加的な環境保全措置、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 電源開発 | 騒音 | 植物 | 環境影響評価 | 秋田県 | 環境大臣意見 | 風車 | 猛禽類
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS