愛知県、「2015愛知環境賞」の受賞者を決定

発表日:2015.02.06

愛知県は、「2015愛知環境賞」の受賞者を決定したと発表した。同賞は、資源循環や環境負荷の低減を目的とした企業、団体等による先駆的で効果的な技術・事業・活動・教育の事例を募集し、先駆的で効果的な優れた事例に対する表彰を行うとともに、広く紹介することによって、新しい生産スタイルや生活スタイルを文化として社会に根付かせ、資源循環型社会の形成を促進するもの。11回目となる今回は、企業・団体等から46件の応募があり、選考委員会による審査の結果、金賞には、日本ガイシ(株)「NAS電池電力貯蔵システム」、・(株)不二機販「世界初の金属表面改質処理技術」の2件が選定された。また、銀賞1件、銅賞1件、中日新聞社賞1件、名古屋市長賞1件、優秀賞8件を選定した。さらに、特別賞として、2014年にノーベル物理学賞の対象となった青色LEDの事業化・量産化に成功した「豊田合成(株)」を選定した。同県では、平成27年2月19日にローズコートホテルにおいて、表彰式及びパネルディスカッションを開催するという。

新着情報メール配信サービス
RSS