環境省、生物多様性保全上重要な里地里山(重要里地里山)を選定

発表日:2015.12.18

環境省は、生物多様性保全上重要な里地里山(重要里地里山)を選定したと発表した。「生物多様性国家戦略」では、重点的に取り組むべき施策のひとつとして、里地里山の保全活用に向けた取組を推進していくことが掲げられている。里地里山は、国土の約4割を占めており、特有な生物の生息環境としてだけではなく、食料や木材等自然資源の供給、国土の保全、良好な景観、文化の伝承等の観点からも重要な役割を担っている。今回選定した重要里地里山は、国土の生物多様性保全の観点から重要な里地里山を明らかにし、多様な主体による保全活用の取組が促進されることを目的としたもの。以下の選定基準により、500箇所を選定した。1)多様で優れた二次的自然環境を有する、2)里地里山に特有で多様な野生動植物が生息・生育する、3)生態系ネットワークの形成に寄与する。今後、多様な主体による保全活用の実行性を高める取組の促進・拡大に活用していく。また、地域における農産物のブランド化や観光資源などにも、広く活用できるとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS