大阪府、大阪府レッドリスト2014を作成

発表日:2014.04.08

大阪府は、大阪府レッドリスト2014を作成したと発表した。同府では、府内に生息・生育する野生動植物の現状を府民と共有し、豊かな自然環境の保全や野生動植物保護の資料とするため、平成12年(2000年)にレッドリストとそれらの生息・生育状況等をとりまとめた、大阪府レッドデータブックを「大阪府における保護上重要な野生生物」として作成した。今回、その後の研究の進展、生物多様性をめぐる認識の変化、府内の野生動植物の生息環境の変化などから、レッドリストを改訂し、大阪府レッドリスト2014として作成した。対象とする分類群に、新たにクモ類・海岸生物(無脊椎動物及び藻類)・その他淡水産無脊椎動物・コケ植物・菌類を追加。また、今後、環境変化についてモニタリングするにあたり注視すべき、地形・地質の重要地点44箇所や貴重な生態系を有する地域23箇所、希少な野生動植物が生息・生育し種の多様性が高い地域(生物多様性ホットスポット)55箇所を選定した。同府では、同レッドリストを配布するほか、ホームページに掲載するという。

新着情報メール配信サービス
RSS