環境省と山梨県、「生物多様性保全に関する調査活動等及び生物資料の管理に関する基本協定書」を締結

発表日:2016.01.19

環境省自然環境局生物多様性センターと山梨県森林環境部は、「山梨県内における生物多様性保全に関する調査活動等及び生物資料の管理に関する基本協定書」を、平成28年1月20日に締結すると発表した。この協定は、山梨県版レッドデータブック作成等の生物多様性保全に関する調査活動及び生物資料(生物標本及び生物多様性情報等)の管理に係る取組に関して両者が一層の連携を図るもの。協定の概要は、以下のとおり。1)施設利用:生物多様性センターの管理する標本収蔵庫等の施設の設備の提供等、2)生物多様性データの提供と活用:県が生物多様性保全に関する調査活動等によって収集した生物種の生息地情報等の提供、3)生物資料の収蔵・管理:生物多様性センターは、県が実施した生物多様性保全に関する調査活動等によって収集された生物標本を、収蔵・管理し、その保存と活用を図る。なお、同協定書締結にあわせて、山梨県内の研究者から、県内で収集された標本類(植物、昆虫等3万点以上)が生物多様性センターに収蔵されることとなった。

新着情報メール配信サービス
RSS