国交省、平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)のプロジェクトを決定(第2回募集分)

発表日:2016.02.08

国土交通省は、平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)のプロジェクト(第2回募集分)を決定したと発表した。同事業は、サステナブル性という共通価値観を有する省エネ・省CO2や木造・木質化による低炭素化に係る先導的な技術の普及啓発に寄与する住宅・建築物のリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを公募し、予算の範囲内において、整備費等の一部を補助し支援するもの。木造先導型では、1)建築物の木造化、2)建築物の内装・外装の木質化、のいずれかで、建築物における木造化・木質化の推進に向けたモデル性・先導性が高いプロジェクトとして選定されたもの、が対象となる。今回、平成27年11月5日から12月7日の間に公募したところ、5件の応募提案があり、審査の結果、2件のプロジェクトを採択した。

情報源 国土交通省 報道発表資料
(一社)木を活かす建築推進協議会 平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)
機関 国土交通省 (一社)木を活かす建築推進協議会
分野 地球環境
キーワード 国土交通省 | 住宅 | 建築物 | サステナブル | 木造 | 低炭素化 | 木質化 | 木を活かす建築推進協議会
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS