国交省、平成28年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)の提案募集を開始

発表日:2016.08.02

国土交通省は、平成28年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)の提案募集を開始すると発表した(募集期間(第1回):平成28年8月2日~9月15日必着)。同事業は、地域の気候風土に応じた木造建築技術の継承・発展と低炭素社会の実現に貢献するため、伝統的な住文化を継承しつつも、環境負荷の低減を図るモデル的な住宅の建設に対して、国が掛かり増し費用(先導事業による工事費と、それを行わなかった場合の工事費の差額)の一部を補助するもの。対象事業は、地域の気候風土に応じた木造建築技術を活用しつつ、現行の省エネルギー基準では評価が難しい環境負荷低減対策等により、長期優良住宅又は低炭素住宅と同程度の性能と評価される住宅で、モデル性・先導性が高いプロジェクトとして選定されたものである。同省では今後、平成28年10月中旬を目処に採択プロジェクトを決定する予定という。

情報源 国土交通省 報道発表資料
(一社)木を活かす建築推進協議会 平成28年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)
機関 国土交通省 (一社)木を活かす建築推進協議会
分野 地球環境
キーワード 環境負荷 | 国土交通省 | 住宅 | 建築物 | 低炭素 | サステナブル | 木造 | 木を活かす建築推進協議会
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS