環境省、「トキ野生復帰ロードマップ2020」を策定

発表日:2016.03.25

環境省は、「トキ野生復帰ロードマップ2020」を策定したと発表した。同省では、2003年策定の「環境再生ビジョン」で掲げた「2015年頃に小佐渡東部での60羽のトキの定着」の目標達成に向け、2013年2月に「トキ野生復帰ロードマップ」を策定し、事業を実施してきた。今回、2014年6月時点のトキの定着羽数が75羽となり、同ビジョンの目標が達成されたことから、これまでの取組評価に基づき2020年までの野生復帰の方針を示すとともに、次期目標を達成するための工程表として、「トキ野生復帰ロードマップ2020」を策定した。2020年(平成32年)頃に佐渡島内に220羽のトキを定着させることを目標とし、定着の目標エリアは佐渡島全域とした。また、主な取組として、1)野生下のトキに関する佐渡島内・本州での新たなモニタリング体制の検討・構築、2)採餌環境等の生息環境維持、農家やトキ関連活動団体への支援体制整備、3)観察施設等の整備や「トキと共生する佐渡」の情報発信による佐渡島内外への普及啓発、があげられている。

新着情報メール配信サービス
RSS