神戸市、「神戸市環境マスタープラン」等を改定

発表日:2016.03.30

神戸市は、エネルギー環境、気候変動の影響、廃棄物対策、外来種による生態系への影響など、環境問題を取り巻く動向等に対応するため、環境施策に係る複数の計画を改定したと発表した。今回改定した計画は、1)神戸市環境マスタープラン、2)神戸市一般廃棄物処理基本計画、及び3)生物多様性 神戸プランの3つである。1)は、神戸市総合基本計画における部門別計画の一つとして、環境施策を網羅する大綱であり、施策の基本的な方針や目標等が示されている。2)は、一般廃棄物の減量・資源化と適正処理に関する施策を総合的・計画的に推進するための計画であり、家庭系ごみ及び事業系ごみの10%削減を目標に掲げ、2R(リデュース・リユース)の取り組みを優先し、関連諸施策を推進するとしている。3)は、神戸の生物多様性を保全するための施策を定めたもの。なお、3件とも、計画期間は、平成28年度から平成37年度までの10年間である。

新着情報メール配信サービス
RSS