環境省、愛媛県内におけるアカカミアリの確認情報を公表

発表日:2017.07.26

環境省は、愛媛県内において、特定外来生物のアカカミアリ(Solenopsis geminata)が確認されたと発表した。タイのラムチャバン港を出航し、香港の国際港・中国アモイ港・韓国釜山港を経由した貨物船が、愛媛県四国中央市の三島川之江港で陸揚げされ、同市内の事業所に搬送されたコンテナの内部で、平成29年7月24日に同事業者がアリ約100匹(うち有翅女王アリ5個体)を発見した。専門家による同定の結果、同月26日にアカカミアリであることが確認された。事業者は確認された個体すべてを殺虫剤で防除を実施しており、発見場所である事業所及び荷揚げした三島川之江港において誘因トラップ及び殺虫餌(ベイト剤)を設置したところ新たなアリは確認されていない。引き続き、愛媛県や四国中央市と連携協力して、当該コンテナの留置地の調査を実施するという。

新着情報メール配信サービス
RSS