国交省、平成29年度住宅・建築物技術高度化事業の採択課題を決定

発表日:2017.09.21

国土交通省は、平成29年度住宅・建築物技術高度化事業の採択課題を決定したと発表した。同事業は、住宅建築行政が直面する環境対策、長寿命化対策、安全対策等の推進に寄与する先導的な技術開発に対して、国が技術開発に要する費用の一部を補助するもの。今回、応募のあった36件について、学識経験者等による評価を踏まえた審査の結果、20件の採択を決定した。テーマごとの件数は、1)住宅等における環境対策や健康向上に資する技術開発:6件、2)住宅等におけるストック活用、長寿命化対策に資する技術開発:5件、3)住宅等における防災性向上や安全対策に資する技術開発:9件、となった。

新着情報メール配信サービス
RSS