環境省、地域低炭素投資促進ファンド事業に係る出資案件を決定

発表日:2018.01.12

環境省は、地域低炭素投資促進ファンド事業について、執行団体である一般社団法人グリーンファイナンス推進機構が、出資案件を決定したと発表した。地域低炭素投資促進ファンド事業費補助金は、地域において地球温暖化対策のための事業を行う者又は当該事業者に対し出資を行う投資事業有限責任組合等を出資により支援することにより、地球温暖化対策のための投資を促進し、二酸化炭素の排出削減を推進することを目的とするもの。今回、角川建設(株)から出資申請のあった「北海道別海町バイオガス発電事業」について、第三者の専門家からなる審査委員会での審査を経た結果、出資が決定した。

情報源 環境省 報道発表資料
(一社)グリーンファイナンス推進機構 地域低炭素投資促進ファンド
機関 環境省 (一社)グリーンファイナンス推進機構
分野 地球環境
キーワード 地球温暖化 | 環境省 | 排出削減 | 地域 | 基金 | バイオガス発電 | 低炭素化 | グリーン・ファンド | グリーンファイナンス推進機構 | 角川建設
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS